RECOMMEND

Aug 15,2010

2010富士山6

f31.JPG
pm15:30
今年は富士山3776mの「剣ヶ峰」を経験し、下山開始
行きはよいよい帰りはこわい

須走口は慣れてくると走って下れます。
「須走」は「砂走り」からきてるようです。
砂が柔らかくまさに砂の上を走るように一気に山下りが出来ます。


f32.JPG
!またひよこ発見!!

f33.JPG
休憩しながら下山していきます。
登りより断然下りの方が速い。

f34.JPG
5合目に付く頃には夕暮れでした。
下山は途中で寝たりしてだらだら下りました。
夕日に映されたきれいな雲が見送ってくれているようです。

pm19:00
5合目到着
全員到着が20:00頃でした。

さて、なぜ富士山登山なのか?
単純に登りたいから。が理由なのですが、
日本文化を知るには富士山は必要不可欠だと思うからです。
年に1回の富士山登山なのですが色々と気付かされます。
自分の稽古として、追い込む環境を作る、現在の自己確認、など富士山を通して気付くことが多くあります。
非常に空手とも共通点が多いように思われます。続けること、深さを出すこと、など。

感謝です。

f35.JPG
登り時間→8時間30分
お鉢廻り→1時間
下り時間→3時間

f36.JPG
参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
やはり実践に勝るものはありません。

来年も挑戦させてもらいます。
posted by 池田雅人 | Comment(0) | 道場行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーの確認後、ブログへ反映させていただきます。内容(個人情報の保護など)により一部修正させていただく場合もございますが、ご了承ください。