RECOMMEND

Jul 09,2009

2歳

飛鳥道場2周年!
3年目に突入です。
人間に例えて2歳。
ようやく周りが見えて来た頃でしょうか。
色々試行錯誤しています。
見直しも必要です。

改めて思う事ですが、道場は人間を育てる土壌。
良く育てるには良い土が大事。
いろいろ整備しまずは良い土作りから。
みんながしっかり育つように。

これからも精進していきます。
関係者の方々どうぞよろしくお願い致します。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jun 23,2009

雑談

TS3M0102紫陽花.JPG

日本は梅雨時期です。
植物はこの時期水が多いので元気そうです。
今は紫陽花がとてもきれいです。

・・・
いよいよ開幕のウィンブルドン2009。
残念ながらナダルは両膝の怪我で負傷欠場。
フェデラーが優勝か!?

今週日曜日はいよいよ三峰登山。
山の元気を分けてもらいに行きます。
晴れてくれ〜。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jun 21,2009

ピアノ

先日第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した「辻井伸行」さん。
全盲のピアニスト。

自分はピアノの事は全く分かりません。
しかし、彼のコメント、両親のコメントが非常に響いた。

辻井伸行さん・・・「1日だけ目が見える日があったら、1番見たいのは両親の顔。だけど今は心の目で見ているので満足しています」

母親・・・優勝したときに「うれしい」と一言だけ漏らして抱きしめた。

父親・・・運が良かっただけ。「盲目のピアニスト」とか「盲目の」と付いているうちはまだピアニストとしては一人前じゃない。
「これで自分で食べて行けるかな」とやさしいコメントも。

非常に心あるあたたかいコメントです。
家族について非常に勉強させられます。
厳しい存在と優しい存在。

自分の好きな「Stevie Wonder 」「Ray Charles 」も盲目。
素晴らしい才能が開花する。
見えてる事が盲目的になっている事って多々あります。ん〜・・・

公式サイトより辻井さんの演奏を見れます。
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール

そういえば飛鳥道場の稽古生もピアノやっている人が多いな・・・






空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(2) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jun 15,2009

成長

TS3M0089.JPG

花を咲かせようとして・・・

種を蒔く時期を誤ると芽が出ない。

芽が出て、手入れを怠ると枯れてしまう。

新芽が、日が当たり過ぎるのもだめ。当たらな過ぎもだめ。

花が咲く直前まで目をかけてあげないと、よい花が咲かない。

よく咲いた花は種を残す。

家のベランダでの家庭菜園をしながらそんなことを思うのでした。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jun 10,2009

テニス

以前に、東京で行われる「東レ パン・パシフィック・テニス」を観に行き、それから観るスポーツとして楽しんでいます。
ボールのやり取り、ラリー、相手の見方、等々非常に勉強になります。

少しだけ、やったのですがボールとラケットに遊ばれ終了・・・

現在、日本選手(錦織圭選手、杉山愛選手)もがんばっています。
そしてこの現代、最高のプレイヤーが存在します。
「ロジャー・フェデラー」と、「ラファエル・ナダル」です。

フェデラーは、男子シングルス4大大会14勝は歴代1位タイ記録。
現在27歳。まだまだ記録を伸ばす事でしょう。

ナダルは、全仏オープン男子シングルスで大会4連覇。
フェデラーを抜いて世界ランキング1位になり現在23歳。こちらも記録を更新していくでしょう。

何と言っても、彼らの試合態度が好印象。気品・気位を感じます。
点を取るごとにはしゃぎまくる某スポーツと違い、冷静にゲームを進める。
まさに身体を動かしながらの将棋、碁、チェスといったところでしょうか。
テニス道。
そして彼らのコメントが素晴らしい。
・・・2008年のウィンブルドン大会。
ウィンブルドン史上最長の決勝戦、なんと!4時間48分にわたる試合!
試合を制したのはナダル。
その後のコメント。

フェデラー・・・「全てを試みた。ラファ(ナダル)はチャンピオンに値する。彼は素晴らしいプレーをした。勝てなかったことは残念だが、来年また戻ってくる」

ナダル・・・「フェデラーは偉大なチャンピオンだ。彼の長所は、負けた時も勝った時も、いつも前向きということ。僕はいつでも彼を尊敬しているし、憧れすら持っている。僕らは良い関係だと思う。」

お互いを褒め称える。まさに紳士です。

今年も6月22日からウィンブルドンが始まります。
フェデラーはもちろん、ナダルも怪我が心配ですが、楽しみ!





空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする