RECOMMEND

Aug 31,2007

映画

先日新聞を読んでいましたら目に飛び込んできました。

kuroobi.JPG

詳しくは・・・
http://kuro-obi.cinemacafe.net/

映画「黒帯」




空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aug 29,2007

弓道

|.JPG

少し前に弓道を観に行きました。

どちらかというと「静」の武道。
という感じがします。
けど、内面はメラメラ来てると思いますが。
印象としては、茶道に似ていると感じました。

作法に則り、狙いを定め目標に打ち込む。
格好良かったです。

空手道に例えれば、形の演武を見ているかのよう。

弓道の最高目標は「真・善・美」
奥が深いです。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aug 25,2007

試合観戦

_.JPG

先日、某団体(寸止め系)の試合を観戦して来ました。

今までフルコンタクト空手一色で、いわゆる寸止め空手は実際しっかり見たことはありませんでした。

試合内容は横に置いといて、会場の雰囲気が非常によろしかったです。これには感動を覚えました。
硬さの中にやわらかさがあるというか、ツボを押さえるというか、会場での態度も良いし、悲愴感も無く選手がみんな伸び伸びと元気に試合に臨んでいましたし、スタッフについても同様です。
団体の長の方が、そのような指導をしているのでしょう。演武も素晴らしく、良く稽古している姿勢が見れました。
やはり大会はその団体のカラーが良く出ます。

色んな流派が空手にはありますが、技術交換や稽古等交流がもてたらきっともっと盛り上がるのではないでしょうか?
空手道には可能性がありますし、もっと素晴らしい事が出来るような気がします。ここまで流派が分かれてしまうと難しいと思いますが・・・




空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aug 21,2007

双雲先生情報

「飛鳥道場」の書を揮毫して頂いた武田双雲先生の出演情報です。

■8月25日(土)SmaSTATIONに出演します。
香取慎吾さんと笑福亭鶴瓶さんをイメージして書きます。
弟の双龍さんも出演予定です。
詳細は↓
http://www.tv-asahi.co.jp/ss/index2.html

そして、今発売の「女性自身」

g.jpg

武田双雲(31)シリーズ人間“新題字”
「書の原点は母、妻、息子への愛」

皆様是非ご覧下さい。

※情報提供の道場生Kさんありがとうございました。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aug 18,2007

靖国神社

TS3C0089.JPG

先日参拝に行ってきました。

良く散歩しに出かける所の1つです。
いろいろな問題がありますが日本人なら・・・

色々刺激を受けます。

武道とは何の関係も無いように思われますが、
靖国の境内の中に道場の跡地があります。
幕末志士ゆかりの練兵館跡です。

この練兵館は、神道無念流の剣客 斉藤弥九郎により、それまで俎橋付近にあった練兵館が火事で類焼したため、この地に再建され、その後約30年間隆盛を誇りました。

練兵館には、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)、品川弥二郎など幕末の志士が多数入門しています。また、伊藤俊輔(伊藤博文)も出入りしていたといわれています。

この練兵館は千葉周作(北辰一刀流)の玄武館、桃井春蔵(鏡新明智流)の士学館とともに、幕末三道場といわれていたそうです。

今は、石碑と立て札のみとなっていますが、その場に立つと「昔の剣豪達が稽古していたのだ」と感慨深くなります。

身が引き締まります。
稽古がんばろう。


空手道 飛鳥道場 - 北区赤羽(HPはこちら)
http://asukadojo.com
posted by 池田雅人 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする